So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲゲゲの女房 [テレビ]

2年ぶりのブログ。

ゲゲゲの女房がクランクアップしたそうだ

http://www.nhk.or.jp/pr-movie/index.html?id=0383

ゲゲゲの鬼太郎をリアルタイムで見ていた者として 松下奈緒に腹をたてている。

昭和30年代にあんなにつやつやした髪の毛をした人はいない。

昭和30年代の調布に あんなに眉毛が綺麗にそろっている

女性ばかりいたとは思えない。

ピアニストなので 手は大事なのかもしれないが 極貧の人間の手があんなに

綺麗なわけがない。ひび、あかぎれなんて 知らないんだろうな。

NHKの朝ドラの主役をはる覚悟をしたのなら その間ぐらい ピアニストはやめろ。

毛玉のついたセーターさえ着ていれば 貧乏を現せていると思うのなら大間違い。

どうして 自分だけ歳も取らず 貧乏だというのにあんなにツヤツヤ

した肌をしているのか。

とにかく 極貧の昭和30年代を過ごした容姿には 全く見えない。

結局 松下奈緒は 自分さえ綺麗に写っていれば それで満足していたのではないのか。

他にも 突っ込みどころ満載のドラマだが(子供を産んだあとになんであんなにすぐに痩せるのかとか 茂の父親が 顔にシワができとるぞと言った時、どこにもシワなどできていないじゃないかとか思ったとか)

この作品を作っているスタッフたちが そもそも昭和30年代の貧乏というものが

どんなものか知らない人たちしかいないから あんな風になってしまうのかなと思った。

しかし それをいいことに 最後まで綺麗に映ろうとした 松下奈緒に腹がたつのだ。

少しは研究しろよ。

まあ 最後のほうは もうお金持ちになっていたのだろうから別に良いのだが。

それは 向井 理も同じなのだが 向井 理は 好きだからいいの。(^◇^;)

っていうか 朝ドラの威力ってのは すごいね。

理がおさむと読むなんて 比較的最近知ったのだが(向井 理さんの存在さえゲゲゲで

初めて知った。 (^◇^;))

巣鴨だかで かなりお年のいった元気な女性の方々は みんなしっかり

「むかい おさむ君」と 言っていたのを何かのTVで見た。

恐るべし NHKの朝ドラ。

自分もそうだが。 (^◇^;)

てなわけで 松下奈緒には 非常に腹がたつが 向井 理君には寛大なおばさんなのであった。

ところで それを弟に言ったら 面白いことを言った。

「でも ほんとに貧乏くさかったら そんなドラマ 見ないだろ?」

う~む 確かに!

もし 本当に貧乏臭い顔の 某Iさんや 某Tさんなどが主演だったら(おしんか)

私は 見ないもの。

現に 私は「おしん」は 見たことがないのだ。

人間は面白いものだなあ。

 


2010-08-22 20:12  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。